タイニーハウスにつまっているもの


ここはもともと空き地の奥に小屋がぽつんとあった、ただそれだけの場所でした。

それでもしっかりとしたドラゴンフルーツのための支柱があって、

バナナの木も植えられていました。もうそれで私たちには充分でした。





小屋の広さ10坪ほど。そもそもが趣味の釣り小屋だったので、簡素なキッチンと二段ベッド、板間にはちゃぶ台がひとつ。

ニコイチにした小屋をつなぐ廊下は、DIY感にあふれてていい感じ。


信頼する業者さんにお願いしてあれやこれやと相談しました。

水場の場所、トイレの位置をどうするか、コンパクトで機能的にするためにはどうするか。

この広い庭(というか空き地)をどうするか。

この段階こそ、もっとも楽しいんですよね、予算さえみなければ・・・


柵でぐるり囲っちゃえ、プライベート感がでるし

犬連れだって可能だよ、という提案は大工さん。

使い勝手のいいコンセントの場所を吟味してくれたのも大工さん。

家具も作っちゃいましょうと、あっという間に作ってくれたのも大工さん。

ここの現場に来るのが一番楽しいと言ってくれた大工チームの皆さん。

プロの愛がつまっているのです、この小屋!





敷地が広いんだからもっと居室を増やせは

坪面積あたりの単価は高くなるでしょう。

でも家より広い庭こそに価値をださなきゃ。


果樹を植えこみ、強い日差しを遮ぎるパーゴラにパッションフルーツを這わせ、

花木を敷地のところどころに植えて。

梢を常に風が揺らせるように、密にならずに、でも外からの目隠しになるように。



出来上がりを見て、これは入江にたどり着いた箱船だと思いました。

小さな家は機能的で船のキャビンのよう

ドアを開ければ、実る木々に潮風に揺れる花たち。


どうぞごゆっくり、あなたの隠れ家です。















閲覧数:76回

最新記事

すべて表示

CAFE NY